2020.01.21.体が硬いけどついていけますか?

仕事や家事に忙しい毎日を送っていると、
疲れやストレスから体を動かすのが面倒になり、
ついつい運動不足になる・・・
そんなこともあるかもしれません。

フラダンスは、運動からすこし離れていても大丈夫です!
そんな人にこそ、ぜひチャレンジしてほしいダンスです。

膝を曲げた中腰の姿勢が基本のフラダンスは、
やってみると意外とハードなものです。
けっして楽チンというわけではありませんが、
ハワイアンミュージックのゆったりしたメロディーに乗せて
ゆったりと体を動かすのは、とても気持ちのいいものです。

4拍子のリズムを刻みながら、その感覚さえつかめばOK。
ふだん運動から遠ざかっていたとしても関係ありませんよ!
運動神経や体力もそれほど関係ありません。
身体が硬いということも、あまり気にしなくても良いのです。

ゆっくりと、しなやかに、
フラダンスは、お年寄りから子供さんまで、幅広く楽しめるダンスです。

どちらかといえば、
フラダンスは、身体的な条件や体力よりも
「笑顔」で踊ることが大切。
ハートで踊るダンスなのです。

ハワイの人たちは、その人の知性、忍耐強さ、正直な心など
踊り手の生き方がフラダンスになってあらわれるといいます。

ハワイの広くて大きな空と海では、
身体が硬いことや、体力がないなんていう悩みは、ほんの些細なこと。
それ以上に、生き生きとした表情を意識するほうが大切なのです。

千葉市周辺でフラダンスを習ってみたい方は、ぜひお気軽に体験にいらしてください!
いつでもお待ちいたしております。
お問い合わせはこちらから

 

2019.12.20.フラダンスとハワイの歴史について

今回はフラダンスの歴史について、少しお話をさせて頂きたいと思います。フラダンスは、ハワイで生まれた踊りであることは誰しもご存じですよね?それではどうしてフラダンスは、ハワイで生まれたのでしょうか?今では、音楽業界でも様々なダンスが考案されていますので、歌うことと踊ることの一体性について違和感を抱く方も少なくなってきているでしょう。

実は、当時のハワイのポリネシア文化では、とても自然豊かな土地がありましたが文字文化が発達しておりませんでした。そのため、当時の情報を後世に伝えるための手段として、他に考えられたのが踊りだったのです。日本においてもはるか昔になされていたように、当時のハワイでも何か大事ごとがあればお祈りをする慣習がありました。なぜならば、すべてのことには精霊が宿っているものだと信じられていたからです。このような歴史的な事情もあり、フラダンスは、精神的で信仰的な踊りとなったとされています。

少しでも気になった方は、フラスタジオoluoluでハワイ文化のフラダンスの習い事をしてみませんか?初めての方には、パウスカートの貸し出しも行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

2019.11.20.フラとハワイ語について

ハワイのダンスといえば、フラダンスが思いつきますよね。私たちはハワイアンミュージックに乗せて優雅に踊るダンスのことを「フラダンス」と呼ぶことが多いかと思います。しかしながら、現地の人はフラダンスのことを単に「フラ」といいます。実は、「フラ(=hula)」はそもそもハワイ語で「踊り」を意味しますので、ダンスという言葉を用いなくても、踊りであることが分かるのです。つまり、私たちがよく使う「フラダンス」を現地の人が聞くと、「踊り踊り」という意味になってしまい、意味の重複が起こってしまっていることになりますね。フラダンスは、世界で一番きれいな踊りであると形容されることがあります。

フラには、踊りのみならず、楽器での演奏、また歌うことも含まれており、また聞き手に正しく意味が理解されるようにとパートを繰り返し行うのが一般的です。

少しでも気になった方は、フラスタジオoluoluでハワイ文化のフラダンスの習い事をしてみませんか?初めての方には、パウスカートの貸し出しも行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

住所
千葉県千葉市中央区春日2丁目10-8 ラ・ペール春日2F
TEL
090-9751-4793
(※レッスン中はお電話に出られない場合があります。
折り返しご連絡させて頂きますので、ご了承くださいませ。)
定休日
月、火、日、祝日
最寄駅
西千葉駅(南口)より徒歩2分
アクセス方法
マロニエ通り、1Fがカフェの建物です。
※看板を目印にお越しください。